2019年6月 7日 (金)

一人暮らしだった伯母の遺品整理

一人暮らしをしていた伯母が亡くなったので、土日を利用して両親と遺品整理をしました。
私は金曜の夜に伯母の家のある大阪に行き、両親と合流しました。
伯母はずっと独身で、70代半ばまでピアノ講師として働いてたほど元気だったので、仕事を辞めた後もデパートで買い物をするのが趣味でした。そのため、一人暮らしとは思えないほどたくさんの物を持っていて本当にびっくりしました。
ピアノや楽譜など仕事道具は仕事を辞める時に知人に譲っていたので、主な遺品は衣類と日用品でした。
まず、クローゼットには、発表会やコンサートで着る衣裳の他に、服が扉が壊れそうなほど詰まっていました。中にはまだビニール袋に入ったままの、新品の服も何枚もあったので、まずはひとつずつ仕分けしていくことにしました。
新品の服や状態が良い服は段ボール箱へ、それ以外はゴミ袋へ入れていきました。
段ボールもゴミ袋もあっという間にいっぱいになり、果てしなく大変な作業をしているような気分になって、何度も止めたくなりましたが、両親とお茶を飲んで休憩しながら頑張りました。
次に、靴や鞄もたくさん出てきましたが、こちらはサイズが合わないので、ほぼ未使用のフォーマルバッグだけを形見として私がもらい、あとは捨てることになりました。
晩年、足が不自由になり一人で外出するのが難しくなった伯母は、よく母や私が訪れる度に、化粧品や日用品を買ってくるようお願いしていました。
足が不自由だから仕方ないよね、と頼まれるままに買い物をしていたのですが、なんと伯母のドレッサーからそんな私と母がせっせと言われるままに買ってきた、未使用のヘアスプレー10本と化粧水8本が出てきて、本当に驚きました。
伯母はまだまだ長生きするつもりだったのだろうな、と伯母の気持ちを考えるとちょっぴり切なくなりました。
とりあえず、使える化粧水やスプレーは母と二人で分けましたが、使用期限を切れたものも何本かあり、それは中身を出して捨てました。
日用品と衣類の片付けが終わると、伯母の部屋は見違えるほどすっきりしました。
日曜日の夕方、大量のゴミ袋と段ボール箱に入れた未使用の服やハンカチを父の車に積んで、ごみ処理場とリサイクルショップへ行きました。
リサイクルショップでダンボール箱に入れた伯母の衣類を査定してもらいましたが、どれもデパートで買ったそれなりに良いものばかりだったけれど、サイズが大きいことから二束三文になってしまいました。
リサイクルショップの帰り道、「伯母さんのもの、みんな無くなったな」と父に言われて、どうしようもなく寂しくなりました。
最初はいつまでかかるか分からないほど大量にあった伯母の遺品整理でしたが、丸二日間三人で必死に片付けて、何とか終えることができほっとしました。

最近では遺品整理をしてくれる業者さんも増えていると聞きます。ついでにいろいろと調べたりもしましたが、よさそうなところも多かったです。結局今回は自分たちでやってしまいましたが、かなり時間と労力を取られるので、次回からは業者にお願いしようかなと思っています。

これから遺品整理をしようと思っている人はこちらのサイト(https://ihinseirinavi.com/)などを参考にしてみてください。

役立つ情報などもたくさん掲載されていますので、ブックマックしておくことをおすすめします。

2019年5月23日 (木)

友人との価値観のちがい

友人のマンションに遊びに行ったときの出来事。入り口でインターホンで全体のエントランスを開けてもらった後、エレベーターに乗り込もうとしました。

閉まりかけていたエレベーターに無理やり乗る形になってしまって、悪いことをしたなあと思いました。実際、先に乗っていた女性は閉まりかけたエレベーターをもう一度開けることになって、ほとんど舌打ちするぐらいの感じでした。

エレベーターが上がる間、気まずい状態で見ていると、その人はひっきりなしに足踏みを繰り返していて、どうやらお手洗いを我慢しながら乗ってきたようでした。降りる階が同じで、どうやら友人宅の隣のようでした。

ところが、家の前になにやら鍵が見つからなくて焦っているようでした。私は友人の家についたあと事情を話、「まだ今も鍵が見つかってないかもしれないから、お手洗いくらい貸してあげなよ」と言ったのですが、友人は「そんなの、怪しい人かもしれないし、そもそも知らない人に使わせて汚されたらいやだから貸さない」の一点張り。

私もイライラしてしまって、険悪なムードになりました。やはり人間というのは、他人の気持ちに立って行動しなければいけないと思うのです。

2019年5月14日 (火)

最近自動車運転していなくて心配

もう1,2年くらい自動車を運転していません。
今でもちゃんと運転できるのか心配ですが、同乗してくれる人がいないと怖くて乗れないです。
以前は弟と一緒に自動車で出かけていました。
私が自動車の運転の練習をするために彼に自動車を借り、その代わりに昼食をおごるというものです。
それで色んなところに行き、バイキングで食べながら色々将来の夢を話したり、インド料理屋で大きいナンを食べたり、あるいは海に行ったりもしました。
焼肉の食べ放題に行ってたらふく食べたら活力が湧いたり夜になってもお腹が空かなくて肉の偉大さを感じたものです。
そんなある時、ラーメンを食べに行き、その帰りにちょっと山道に挑戦した時なのですが、私は何度も曲がる道に退屈しており、いい加減な曲がり方をしたら正面から来た自動車にぶつけてしまうという事故を起こしました。
お互いにケガをしなくて済み、保険会社が間に入ってくれて私は一部修理費負担で済んでほっとしたものです。
それからも弟と一緒に出掛けたものですが、次第に弟は飽きたのか誘っても来てくれず、おまけに自動車も調子が悪いようで自動車だけ借りるということもなくなりました。
さて、私はこれから自動車を運転するべきかどうか悩んでいます。
自動運転車が騒がれている昨今、運転しない方が良いのかなとも思うのでした。

2019年5月11日 (土)

耳鼻科でパニックになった話

耳の調子が悪いので耳鼻科に何度か通っていました。行きながら少しお手洗いに行きたいのを感じていたのですが、待合室にお手洗いがあるのが見当たらなかったので、雑誌を読みながら待ちながら早く自分の番が来ないかと思っていました。

診察室に呼ばれ、中に入ったのですが、お手洗いに行きたいという気持ちは、だんだんと今すぐにお手洗いに入らないとまずいというくらいまでに膨らんでしまい、先生の話を聞いている間もお手洗いのことしか考えられないくらいでした。

永遠に続くかと思われた先生の話を聞くふりをしながら、なんとか限界のお手洗いを耐えるのに必死でした。説明は10分以上かかり、ようやく待合室に戻ったので、すぐにお手洗いに駆け込もうと思ったのですが、薬局で薬をもらいなさいと看護師さんに言われてしまい、そのまま玄関まで見送られてしまい、お手洗いに寄るタイミングがありませんでした。

今にして考えれば、そのときに行っておけばよかったのです。なにせ、そこは駅からも少し離れた住宅街にあり、道中にコンビニもないのです。ほとんどパニックになってしまいそうでしたが、なんとか駅まで持ちこたえました。考えなしに行動するのはやめようと強く思いました。

2019年5月 7日 (火)

映画館でのちょっとしたトラブル

何日か前に、知り合いと映画館に映画を観に行きました。お互い、前から行きたいねと言っていた作品で、非常に楽しみにしていました。その日は、映画の2時間ほど前にファミレスで待ち合わせ、近況などを話していました。

その後映画館に向かったのですが、ふたりとも時刻を勘違いしていて、着いた頃には上映開始時間を3、4分過ぎていました。慌てて映画館に入り、映画には間に合いました。ところが、ある意味では間に合っていなかったのです。

つまり、普通映画の前にはお手洗いに行くのが定石ですが、行くタイミングがなかったのです。実際、映画が始まって20分もすると、私は隣の彼女がそわそわとしていることに気づきました。そういえば彼女はアイスコーヒーが好きらしく、ファミレスのドリンクバーで何倍もお代わりしていたなあというのを思い出しました。

私だけかもしれませんが、経験上、コーヒーを飲むとありえないぐらいお手洗いに行きたくなります。結局、「お手洗いなら行ってきなよ」と言うと、彼女は大人しく途中退席していきました。われながらデリカシーのないことを言ってしまったものだと、あとで謝りましたが、いやはや映画の時間はちゃんと確認しようと胸に誓いました。

無料ブログはココログ