« 最近自動車運転していなくて心配 | トップページ | 一人暮らしだった伯母の遺品整理 »

2019年5月23日 (木)

友人との価値観のちがい

友人のマンションに遊びに行ったときの出来事。入り口でインターホンで全体のエントランスを開けてもらった後、エレベーターに乗り込もうとしました。

閉まりかけていたエレベーターに無理やり乗る形になってしまって、悪いことをしたなあと思いました。実際、先に乗っていた女性は閉まりかけたエレベーターをもう一度開けることになって、ほとんど舌打ちするぐらいの感じでした。

エレベーターが上がる間、気まずい状態で見ていると、その人はひっきりなしに足踏みを繰り返していて、どうやらお手洗いを我慢しながら乗ってきたようでした。降りる階が同じで、どうやら友人宅の隣のようでした。

ところが、家の前になにやら鍵が見つからなくて焦っているようでした。私は友人の家についたあと事情を話、「まだ今も鍵が見つかってないかもしれないから、お手洗いくらい貸してあげなよ」と言ったのですが、友人は「そんなの、怪しい人かもしれないし、そもそも知らない人に使わせて汚されたらいやだから貸さない」の一点張り。

私もイライラしてしまって、険悪なムードになりました。やはり人間というのは、他人の気持ちに立って行動しなければいけないと思うのです。

« 最近自動車運転していなくて心配 | トップページ | 一人暮らしだった伯母の遺品整理 »

無料ブログはココログ